【次女ちゃんレビュー】次女ちゃんは5歳未満の娘を持つ全お父さんにオススメ

[感想・レビュー]次女ちゃんを読むと、子どもとの距離感がいい感じに変わる

こやまこいこさんがツイッターで描いている漫画、「次女ちゃん」。

『次女ちゃん』で描かれているこやま家の日常は、まるで自分の家族の日常のようです。
「これ、ある!」と吹き出したり「今すぐ子どもに会いたい…」となる素敵な漫画です。


その「次女ちゃん」が単行本になったのでKindleで買いました。
(Amazonの「中身検索」で試し読みができます)

次女ちゃんの作者はこやまこいこさん

こやまこいこさんのご主人は『宇宙兄弟』の作者・小山宙哉さんです。
『次女ちゃん』以外にも『スキップするように生きていきたい』、『はーはのはみがき』も描かれています。

『次女ちゃん』を読んで『スキップするように生きていきたい』も買ってみました。まだ読み途中ですが、こちらもオススメです。

次女ちゃんは5歳未満の娘を持つ全お父さんにオススメ

我が家のゆっちゃんは2歳。
奥さんとは「今が一番かわいい時期だよね」と毎日のように言っています。

もう少ししたら、生意気になって「お父さんと一緒はいや!」とか言われるんだろうなーと。

でも、次女ちゃんを読んだら「5歳がこんなにかわいいならあと3年は大丈夫!」と思えたので、5歳未満の娘を持つ全お父さんにオススメしたいです。

次女ちゃんを読んで感じたこと

子どもと一緒にいて心がグッと動く宝物のような瞬間の、大切さ。
これまで、たくさんあったはずなのにほとんど忘れてしまってるのが、もったいなさすぎる。

「おとうたん、いっしょにあそぼー」って来てくれたのに、自分のやりたいことを優先して適当にテレビを見せてしまうとか、こっちを見て話しかけてくれてるのにスマホいじりながら答えてしまうとか。

今後はもうしないです。

そして、次女ちゃんの特設サイトに載っていたこの言葉が、まさに感じたことでした。

こやまさんの漫画は、子育ての中で、嬉しいより大変!大変!で母子の間にピーンと張ってしまった糸を緩めてくれる力があると思います。読み終わったら、子どもの見方が変わる、優しくなる、そんな力があって、本当に凄いなあと思っています。読者女性
引用元:次女ちゃん特設サイト

【次女ちゃんレビュー】のさいごに

その日一番心が動いたこと当たり前と思わずにいたい“という言葉が刺さりました。

宝物のような瞬間を一つでも多く気づけるように、子どもとの時間を大事にしたいです。