2019 クリスマスツリー特集はこちら!

【40代の強み発見術】ストレングスファインダーをやってみたら「自分の上位5つの強み」が分かった

ストレングスファインダーをやってみた

こんにちは、マルキ(@marukitoken)です。

自分の強みって一体なんだろう…?
そもそも自分に強みがあるんだろうか…
自信をもって得意だと言えるものがない…

こんなことを40歳になるまでずっと思っていました。

ドラッカーは強みについて、こう述べています。

誰でも、自らの強みについてはよくわかっていると思っている。
だが、たいていは間違っている。わかっているのは、せいぜい弱みである。
それさえ間違っていることが多い。
しかし何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。

引用元:「プロフェッショナルの条件」ダイヤモンド社.

つまり、自分の強みが何かを知ることが出発点、ということ。
もっと早くこの大事さを理解しておきたかった…。

去年、勤め先がセミナーを実施した際、その講師の方と食事に行く機会がありました。
「自分の強み弱みをどう把握するか」という話題になり、「ストレングスファインダーをぜひやってみてください」と勧められました。

さあ、才能に目覚めよう ストレングスファインダー2.0」という本を買って自己テストすると自分の上位5つの強みがわかる、とのこと。

”人に勧められた本は買う” というのが自分ルール。その場でポチりました。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。

Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダー®における「才能」は次のように定義されます。

引用元:ハート・ラボ・ジャパン

ストレングスファインダーは弱みを克服するのではなく、強みを伸ばすためのツール

全部で34ある資質のうち、上位5つの資質が分かります(追加料金で34の資質すべての順位を知ることもできます)。

そしてその34の資質は「人間関係構築力」「影響力」「実行力」「戦略的思考力」の4つに分類され、上位5つの資質が分かることで自分はどんな力を持つかを知ることもできます。

ストレングスファインダーの4つの資質
34の資質の4つの分類 (引用元:ハート・ラボ・ジャパン)

サッカーの長友選手の本棚にもストレングスファインダーが…!

サッカーの長友選手がアナザースカイに出演した際、長友選手の自宅の本棚がチラッと映りました。

大好きで尊敬する長友選手がどんな本を読んでいるのか気になって、あとで録画した番組を見返してみると…

サッカーの長友選手の自宅本棚
あった…!

真ん中にドーンとストレングスファインダー が置いてありました。

ちなみにこのアナザースカイ、めちゃくちゃ勇気付けられるのでよかったらこの記事も読んで見てください。

長友選手がアナザースカイで語った「人生で最も大切なこと」 長友選手がアナザースカイで語った「人生で最も大切なこと」

ストレングスファインダーをやってみた結果

ストレングスファインダーの自己テストをやってみた結果、自分の上位5つの資質がわかりました。

その上位5つの資質は…

1、適応性
2、最上志向
3、共感性
4、ポジティブ
5、個別化


「うわー意外とこんな資質があったんだ!」…という感じではなく、「やっぱりそうだったか…」というのが率直な感想。

でも大事なのは「これは紛れもない自分の強みなんだ」と自覚できたこと

「なんとなく自分の強みはこの辺だな」とぼんやり感じていたことが「資質」として明確になり、裏付けが取れる。

「自分の強みって一体なんだろう…?」のモヤモヤが晴れ、ようやく腹をくくることができました。

上位5つの資質を「4つの力」に当てはめてみると…

この上位5つの資質を、先ほどの4つの力「人間関係構築力」「影響力」「実行力」「戦略的思考力」に当てはめるてみると…

1、適応性 →人間関係構築力
2、最上志向 →影響力
3、共感性 →人間関係構築力
4、ポジティブ →人間関係構築力
5、個別化 →人間関係構築力

となります。

5つのうち4つが人間関係構築力という結果に。
バラバラに見えていた資質が、”○○力” となった瞬間、「おお、そうだったのか!」とハラオチ。

たしかに「人当たりがいいね」「いつも穏やかで感じが良いね」「話しやすい」と言っていただくことは多いです。

これまでは「本当にそうなんかな…」「そうでもないのにな…」と素直に受け取ることができませんでした。

でもストレングスファインダーで自分の強みがわかったあとは「ありがとう」「うれしい」と思えるように

そしてそう思えることが、今後の人生にも大きく影響するような気がしています。

ストレングスファインダーの結果をどう生かす?

よし、自分の強みはわかった!…さて、どうしよう…(固まる)

とならないよう、ストレングスファインダーには数千件の成功事例に基づいた「行動アイデア」がついています。

例えばマルキの一番の資質「適応性」の行動アイデアは、

・予定通りに行動することが求められる任務につくのは避けてください。こうした任務は、すぐにあなたをイライラさせます。独立心が抑えつけられ、やる気を失うでしょう。


・常に急変する事態に対応することが成功のカギとなる職務を探しましょう。ジャーナリズムや生放送のテレビ制作、救急医療、カスタマーサービスなどが挙げられます。こうした仕事では迅速に対応できること、そして冷静であることが最も必要とされます

引用元:「さあ、才能に目覚めよう ストレングスファインダー2.0」日本経済新聞出版社

といった内容が書かれています。

「行動アイデア」は一つの資質に10項目。
ストレングスファインダーをやることで、計50項目の行動アイデアを得ることができます

とはいえ、結果について一人で考えるだけでは同じところを堂々巡りしがち。
家族や会社のメンバーと結果を共有し、行動アイデアを出してみるのもオススメです。

マルキは自分が使える経費を工面してチームメンバー全員にストレングスファインダーを配りました。

結果を集めてみると、個々の資質は異なっていながらも、組み合わせると全体的にバランスが取れているという理想的な結果に。

チームに良い変化を起こしたい、そのとっかかりを探している…

という時にとても有効なツールだと感じました。

【ストレングスファインダーをやってみた】のおわりに

もし今あなたが、「自分の強みはなんだろう…」とぼんやり考えているなら、とりあえずストレングスファインダーをやってみることをオススメします。

マルキは自分の強みについて「ああでもない、こうでもない」と思いながら、結論を出せずに長い時間を過ごしてしまいました。

結局、自分の強みを発見するということは、腹を括ることなんだと思います。

自分で自分の強みを考えても、「いやいや本当の自分は…」「本気出せば…」とつい甘えが出てしまいます。

ストレングスファインダーはそんな先送り思考を否定し、「イマココにいる自分が変わること」に焦点を当ててくれます。

テストはWEBで簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

クリックして応援