U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで600ポイントをもらう方法

マンゴーを種から育ててみることにした。【40代からのベランダガーデニング】

マルキ
マルキ

こんにちは、マルキ(@mrkblog)です。
40代に入ってから植物を育てたい欲が出てきました。

先日、立派なマンゴーをいただきました。
娘の誕生日パーティーのタイミングと合ったので、マンゴーケーキでお祝い。

肝心のマンゴーを撮り忘れた…


ケーキもですが、このマンゴーがめちゃくちゃ美味しかったのです。
種をしゃぶりつつ、

マルキ
マルキ

(このマンゴーの種を植えたら、育つかな…)

と思い、検索。
マンゴーを種から育てる方法がたくさん出てきました。

「またこの美味しいマンゴーを食べたい…!」

の衝動につき動かされ、種から育ててみることにしました。

マンゴーの種を取り出す方法【マンゴーを種から育ててみる】


マンゴーの種を取り出す方法を調べて、さっそく開始。

しゃぶりつくしたマンゴーの種。
(もちろんそのあと水洗いしています)

これが種と思っていたのですが、この中に「本当の種」があるそう。
知りませんでした。

ということで、キッチンハサミでこの種の周りを切り取ります。


息子くんに手伝ってもらい、チョキチョキと。
そこまで力を入れなくても端っこを切ることができます。


こんな感じで中は空洞になっています。
マンゴーの本当の種がちらりと見えます。


「マンゴーの本当の種」を傷つけないように、できる限り端っこをチョキチョキ。
半周以上切り取ったらあとは手で開くことができます。

パカッと開くと…


「マンゴーの本当の種」が登場。

これを取り出して…


外側の黒っぽい殻の部分は外します。
これでマンゴーの種の取り出しは完了!

マンゴーの種を植える【マンゴーを種から育ててみる】


無事マンゴーの種を取り出すことに成功したら、次は植えます。

植え方を調べると、
「水耕栽培をオススメします」派と、
「マンゴーは発芽しやすいのでそのまま土に植えて大丈夫」派と大きく2種類。


マルキは面倒なので、土に植えることにしました。
適当な鉢と土がなかったので、ミニトマトの鉢にお邪魔することに。

土に植えるときは、種を横に寝かせるように置いて、フワッと土を被せます

うまく発芽することを信じて水やりをしています。

【マンゴーを種から育ててみる】のおわりに

マンゴー栽培の経過は、この記事に追記していきます。
実がなるまでには7-8年。
50代の自分が収穫するイメージを持ちつつ、気長に取り組みます。

昨年くらいからベランダに少しづつ植物が増えてきました。
「ベランダガーデニング」と呼ぶには程遠いレベルですが、これから少しずつレベルアップしていきたいです。