糸井重里さんのおすすめ本【#プロフェッショナルのおすすめ本】

こんにちは、マルキ(@maruki40)です。

この記事では、糸井重里さんがツイッターなどでおすすめした本をまとめています。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

✏️著者:オードリー・タン

📅発売日:2020/11/29

🔖目次
はじめに

序章 功を奏したITによる新型コロナ対策

第一章 私をつくってきたもの

第二章 デジタル民主主義とソーシャル・イノベーション
~誰もが政策に寄与できる社会

第三章 ITは教育をどのように発展させるか
~プログラミング思考を身につける

第四章 AIが開く新しい社会
~デジタルは人のためにある

第五章 日本へのメッセージ

夜廻り猫

✏️著者:深谷かほる

📅発売日:2017/3/23(1巻)

ゼロ・トゥ・ワン

去年、糸井重里がたいへんおもしろがった本のひとつがピーター・ティールさんが書いた『ゼロ・トゥ・ワン』でした。

なにしろ、糸井重里は、この本をまるまる2回、読みました。

それは、けっこう、めずらしいことです。

ほぼ日刊イトイ新聞

✏️著者:ピーター・ティール (著), ブレイク・マスターズ (著), 関 美和 (翻訳)

📅発売日:2014/9/27

🔖目次
日本語版序文 瀧本哲史
はじめに
1.僕たちは未来を創ることができるか
2.一九九九年のお祭り騒ぎ
3.幸福な企業はみなそれぞれに違う
4.イデオロギーとしての競争
5.終盤を制する―ラストムーバー・アドバンテージ
6.人生は宝クジじゃない
7.カネの流れを追え
8.隠れた真実
9.ティールの法則
10.マフィアの力学
11.それを作れば、みんなやってくる?
12.人間と機械
13.エネルギー2.0
14.創業者のパラドックス
終わりに―停滞かシンギュラリティか