モザイクのオステリアガウダンテ(神戸ハーバーランド店)で大満足ランチ

\ AmazonスマイルSALE FINAL /
4/22(月)まで!会場はこちら

マルキ

息子の合格祝いに義父母にランチをご馳走になりました。

2月初旬、モザイクにあるオステリアガウダンテ(神戸ハーバーランド店)へ。
ちょっと早くついたので、観光客気分でぶらぶら。

レストラン船、コンチェルトが係留されています。

モザイクに行くたびに「いつか乗りたい…」と思うのですが、機会がないまま25年。
ちなみに神戸港のもう一つのレストラン船「ルミナス2」は日本最大のレストラン船なんだとか。

時間になったので、オステリアガウダンテへ。
入り口には「予約で満席」の札。

カジュアルなお店ですが、外国人シェフが多く本格的な雰囲気。わくわくします。

アラカルトをいくつかとランチコース。

アラカルトは「スモークサーモンとルッコラのサラダ」と「イタリア産チーズの盛り合せ」。

マルキは「Bランチ 前菜が付いたお得なランチ」を注文。
しばらくすると…

前菜がやってきました。

前情報ではボリューム多めとのこと。
食いしん坊のマルキにとってはとてもありがたい。

続いてやってきたのが、
「グリル野菜海の幸とオリーブオイルソースのファルファッレ(リボン型のショートパスタ)」。

パスタと具材のボリュームとバランス、ソースの絡み具合、パスタの食感、どれも満足。美味しい!

息子が注文したのは「ボローニャ風ラザーニャ」。
息子いわく「やばい、美味しい」とのこと(語彙力)。

娘が選んだのは「牛肉ミートソースの自家製レジネッテ」。
こんな形のパスタ、初めて見ました。

デザートの「フランボワーズのムース(木いちご)」。ほどよい酸味で美味しい。
デザートはみんなで分けて食べて、好評だったのは「パンナコッタ」でした。

前情報どおり、ボリュームは大満足。料理もていねいに作られている感があって美味しい。

さらによかったのが、外国人シェフの笑顔と挨拶。
お店を出るときにわざわざ振り返ってくれて、満面の笑顔で「グラッツェ!」
思わずこちらも笑顔で「ごちそうさま!」

おなかも心も満たされて「近いうちにまた来たい」と思えるお店でした。

そうそう、店内にはイニエスタのサイン入りユニフォームも。

食事のあとはメリケンパークを散策。

帆船「みらいへ」が係留されていました。
一般の方が自由に乗船できる日本で唯一の帆船とのこと。7〜10日間の「セイルトレーニング+海洋環境調査」といったプログラムがあるようです。

もう一隻、千と千尋の神隠しにでてきそうな船も。
御座船安宅丸(ござぶねあたけまる)は「江戸幕府三代将軍家光公の命により造られた巨船「安宅丸」をモチーフにして作られた船」とのこと。
列車のデザインで有名な水戸岡鋭治氏の監修でリニューアルをしているそうです。

そして、沖の方には見慣れぬ船が…

よく見ると…

「JAMSTEC」の文字。
潜水艦「しんかい6500」の支援母船「よこすか」が川崎重工のドックに入っていきます。
この船でどんな物語が繰り広げられるのか。頭の中は「ライフ・アクアティック」のイメージでいっぱい。

メリケンパークから新港第2突堤をみると、工事中の神戸アリーナ(GLION ARENA KOBE)

三宮周辺の再開発も含め、来年以降が楽しみ。神戸が少しでも盛り上がったらいいなあ。ほんの僅かでも貢献できるよう、自分なりに神戸の魅力を発信したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次