11/22アマゾン初のブラックフライデー!

捨てられない雑誌をスキャンしてキンドルに保存して断捨離!

雑誌を断捨離

こんにちは、マルキ(@marukitoken)です。

花粉症がひどくて外に出れないので、片付けに励んでいます。
今日はなかなか捨てられなかったインテリア雑誌の断捨離にチャレンジ。

お気に入りのページだけをスキャンしてデータ化。さらにキンドルに保存すればいつでも見ることができます。

ということで、今回はその方法をご紹介します。

雑誌をカッターで裁断する [雑誌の断捨離方法]

今回、断捨離する雑誌はこの3冊。

今回、断捨離する雑誌

MAISHA、懐かしすぎる…。

エプソンのプリンター「EP-880AW」でスキャンします。

「EP-880AW」のスキャン範囲と雑誌の大きさを比べたところ

「EP-880AW」はA4より少し大きめのサイズまでスキャンできます。

雑誌の幅がはみ出してしまっていますが、5ミリほどですので気にせずこのままスキャンします。

カッターで雑誌の表紙を切り取ります

カッター、定規、工作用マットを用意します。

端から5ミリほどの場所に定規を当て、まずは表紙を裁断。

どんどん雑誌を裁断していきます

どんどんページを裁断していきます。

裁断し終わった雑誌
裁断済みの雑誌

必要なページのみ裁断。いよいよスキャンしていきます。

裁断した雑誌をスキャンする [雑誌の断捨離方法]

プリンターの電源を入れ、スキャン用の画面を開きます。

スキャン時の設定内容

マルキは解像度を『200dpi』に設定。綺麗に保存したい場合は解像度を上げるなど、目的に合わせて設定してください。

「EP-880AW」の場合は、『カスタムサイズを利用』にチェックを入れ、下部の余白部分をスキャンしないように設定します。

また、フォーマットは『PDF』を選択し、『単一書類に結合』にチェックを入れます。

裁断した雑誌を1ページづつスキャン

斜めにならないように注意しながら、1ページづつスキャンしていきます。

スキャン時の”裏写り”対策 [雑誌の断捨離方法]

雑誌に限らず、新聞や本をスキャンした時に裏写りしてしまうことがあります。

スキャンして裏写りしてしまった雑誌

こんな感じで、裏面の内容がもろに写ってしまっています。

プリンタのフタの内側は白くなっています

プリンタのフタ部分の内側が白くなっているので、スキャンするための強い光を当てた時に、裏面の内容も写ってしまうようです。

裏写り対策として、黒い大きな紙を用意

そこで、黒い大きな紙をフタ代わりに置いてみます。
本棚にあった黒いファイルを引っ張り出してきました。

この状態でスキャンしてみると…

黒い紙を当ててスキャンした結果

綺麗にスキャンできました!

PDFファイルをキンドルにインポート[雑誌の断捨離方法]

必要なページを全てスキャンしたら、出来上がったPDFファイルを確認します。

スキャンしてできたPDFファイルを確認します

ページの順番は合っているか、抜けはないか、斜めになっていないか…など、一通りチェックします。

問題なければパソコンのキンドルを立ち上げます。

キンドルを立ち上げた時の画面

PDFのファイル名に「MAISHA-2012-vol.4.pdf」に変更しておきます。
このファイル名がキンドルに取り込んだ時のタイトル名となります。

キンドルの上部メニュー「ファイル」から『PDFをインポート』を選択します。

ファイルを指定すると、キンドルにインポートすることができます。

キンドルの左側メニュー「PDF」にタイトルが表示されます。

タイトルをクリックすると…

スキャンした雑誌が表示されました!

おわりに

インテリア系の雑誌はお気に入りの写真があったりで、なかなか捨てられずにいました。

でも、実際に必要なページは雑誌全体の2、3割程度なんですよね。
思いきって断捨離してスッキリ。

この勢いで家中の雑誌を断捨離したいと思います。

以上、マルキ(@marukitoken)でした!

クリックして応援