X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法と、noteにX(旧twitter)を埋め込む方法

\ AmazonスマイルSALE FINAL /
4/22(月)まで!会場はこちら

最近、noteをちょこちょこ書くようになりました。

noteを書くようになって疑問になった「X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法」と「スマホでnoteを書くときにtwitterを埋め込む方法」

調べたので今回まとめておこうと思います。

目次

X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法

X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法は簡単。
まずは基本的な共有方法から。

基本的な方法【X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法】

noteアプリを立ち上げて共有したい記事を表示します。

上の画像「京セラ創業者の稲盛さんの本を読んだら…」のnote記事を、X(旧twitter)に貼ってみます。
記事の上にある共有アイコン(上の画像の赤枠部分)をタップします。

すると…

共有先のメニューが表示されます。

X(旧twitter)のアイコンが表示されないので左側にスクロールすると…

X(旧twitter)のアイコンが表示されたので、選択します。

すると…

X(旧twitter)の投稿画面に切り替わります。

テキストを追加する場合はこの画面上で入力し、右上の「ポストする」をタップすれば、X(旧twitter)でnote記事を共有できます。

もっと手軽に共有できる方法も。
お気づきの方もいたかと思いますが、最初の画面に既にX(旧twitter)のアイコンが表示されています。

左下に表示されているX(旧twitter)のアイコンを選択すると、ショートカットで共有できます。

また、「URLをコピー」で共有する方法もあります。

「URLをコピー」からリンクを貼る方法

先ほどの共有メニュー画面にある「URLをコピー」を選択します。

すると…

「クリップボードにコピーしました」の表示が出ます。

noteアプリはそのままにしておいて、X(旧twitter)アプリを立ち上げます。

投稿画面を表示させて、コピーしたURLを貼り付け(ペースト)すれば、自動的にnoteのアイキャッチ画像が表示されます。

もちろんtwitterのプロフィール欄にも貼り付け可能。

「自己紹介」部分、または、「Web」部分、どちらにも貼り付けることができます。

noteにX(旧twitter)を埋め込む方法

noteにX(旧twitter)を埋め込む方法もかんたん。
スマホでnoteアプリを使ってX(旧twitter)を埋め込むことができます。

スマホのnoteアプリを使う場合noteにX(旧twitter)を埋め込む方法

例えばスマホのnoteアプリで、下のポスト(旧ツイート)を埋め込む場合は、

右下の赤枠部分を選択して…

上の画像の赤枠『リンクをコピー』を選択。

そして、noteアプリで記事の作成画面を開いて、先ほどコピーしたポスト(旧ツイート)のURLを貼り付けます。

貼り付けたら、上の画像の赤枠『改行』を押します。

すると…

このような形でポスト(旧ツイート)が埋め込まれます。
ポスト(旧ツイート)のリンクをコピーして貼り付けるだけ。簡単です。

ブラウザでnoteを使う場合noteにX(旧twitter)を埋め込む方法

ブラウザでnoteを書く場合も同様。
ポスト(旧ツイート)のリンクをコピーした状態で、

noteのテキスト編集画面を開きます。

貼り付けて上の画像の赤枠『改行』を押します。

埋め込みできました!

【「X(旧twitter)にnoteのリンクを貼る方法と、noteにX(旧twitter)を埋め込む方法】のおわりに

以前は、noteアプリではX(旧twitter)のポスト(旧ツイート)を埋め込む方法できなかったことも。
noteアプリだいぶ使いやすく進化しています。

\ この記事を読まれた方におすすめです! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次