戦略と戦術の違いは? -『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』に学ぶ-

戦略と戦術の違いは?-『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』に学ぶ-_WEEKENDS

こんにちは。マルキです。

「戦略」と「戦術」。
それぞれの中身と違いを明確に説明できる人はどれくらいいるでしょうか。

マネージャーなど管理職になると、自社やクライアント企業の経営方針を理解しなければなりません。
「戦略」と「戦術」の違いや重要性の違いを理解することで、自分のチームの方向性を正しく決めることができます。

マルキは恥ずかしながら長い間、まったく理解していませんでした。

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」という本にわかりやすく書かれていたので、その違いをまとめてみます。

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」について

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」の著者は、経営危機にあったUSJをV字回復させたマーケティングのスペシャリスト、森岡毅(もりおか つよし)さん。

森岡さんの経歴は以下の通りです。

1972年生まれ。神戸大学経営学部卒業後、1996年P&G入社。

ブランドマネージャーとして日本ヴィダルサスーンの黄金期を築いた後、2004年P&G世界本社(米国シンシナティ)へ転籍、北米パンテーンのブランドマネージャー、ヘアケアカテゴリー アソシエイトマーケティングディレクター、ウエラジャパン副代表を経て、2010年にUSJ入社。

2012年、同社CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、執行役員、マーケティング本部長。

USJ再建の使命完了後、2017年、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立し、マーケティングを普及させることで日本を元気にする活動に邁進する。

引用元:株式会社刀ウェブサイト

主な著作には
『マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド』
『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』がある。
『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』
『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』
があります。

目的と目標の違い

目的と目標、どう違うのか?
森岡さんの説明は明確です。

目的(Objective)とは達成すべき使命のことであり、戦略思考の中では最上位の概念です。
目標(Target)とは、その目的を達成するために経営資源を投入する具体的な的のことです。

これをわかりやすく言い表した例があります。

「目的はパリ占領、目標はフランス軍」

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

日本では目的と目標を混同しがちな理由について、このように解説しています。

日本では目標という言葉を、目的に近い意味で使っている場合も少なくないのです。日本語では目標にもう1つ意味があるからです。
目標を「到達目標」のように英語で言うところのGoal(ゴール)の意味で使う場合です。
英語ではそれぞれTarget(ターゲット)Goal(ゴール)という別の単語を使います。

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

Objectiveと、Taegetと、Goal。英語に置き換えると分かりやすい!

戦略と戦術の違い

では、戦略と戦術の違いはなんでしょうか。

森岡さんは戦略をこのように定義しています。

戦略とは、目的を達成するために資源配分(リソース)を配分する「選択」のこと。

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

さらにそれを噛み砕いて、こう表現しています。

「戦略とは、何か達成したい目的を叶えるために、自分の持っている様々な資源を、何に集中するのかを選ぶこと

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

投げられてくる全てのボールを全力で打ち返していたら、すぐに消耗してしまいます。
大事なのはボールを見極めてフォーカスすること。残りのボールをうまく処理すること。

とりあえず全部やろうとすることは、無意味に資源を分散させているだけの「戦略なき愚か者」のすることです。

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

つまり、最短で成果を出すためには戦略が必要ということ。

戦術については、このように説明しています。

「戦略を実行するための具体的なプランのこと」
「ビジネスでも戦争でも、実際のドンパチは、この「戦術」の段階です。言い換えれば、消費者が目にする者はほとんど戦術なのです。」

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

そして、重要なのは目的、戦略、戦術の順番。

戦術は常に戦略の下位概念です。戦略的思考は必ず、「目的」→「戦略」→「戦術」と下方展開して行きます。
目的に直結している上位概念である戦略は、実際には消費者からは見えにくいものなのです。」
「戦略的に考えられるということは、「目的→戦略→戦術」の順番で大きいところから考えられるようになるということです。
決して具体的で発想しやすい戦術から考えないということです。」

引用元:「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」角川書店.

まとめ

目的、戦略、戦術の違い、そして順番。

部下やチームの負荷を小さく、大きな成果を出すためには、この基本をしっかり押さえておくことが重要だと感じました。