液晶テレビ保護パネル 〜意外な程買ってうれしかった液晶テレビカバー

液晶テレビ保護パネル 〜意外な程買ってうれしかった液晶テレビカバー_マルキの育児グッズブログ2

できればつけたくなかったんです、液晶テレビの保護パネル
「カバーをつけるってなんかいさぎよくないよね…」「せっかくのデザインが台無し…」と思っていました。

そんなマルキが「やっぱテレビカバーは必要!」と感じた経緯と、実際に買って使ってみた感想をご紹介します。

テレビカバー導入のきっかけ

つかまり立ちを始めたケン。
テレビの画面をペタペタ触りだしても「想定の範囲内。カバーはつけない」と強気の姿勢だったのですが、さすがに気になって作ったのがこの自作テレビガード。

子供をテレビに近寄らせない自作フェンス
↑名付けて「ケン除けテレビガード」。

引っ越しの時に使った段ボールを三角形の柱にして、ユザワヤで買ったボーダー布を巻き付けました。
これが意外なほど効果を発揮して、ケンがテレビに触ることはなくなりました。

がしかし。

安心できたのは2ヶ月ほど。積み木を持ってウロウロしだしたケンを見て、「あ、これはいつかぶつけられるヤツだ…」と感じ、ついにテレビカバーをつけることを決めました。

良いテレビカバーの条件

最初はテレビカバーを自作しようと考えたのですが、材料費や加工方法、仕上がりの奇麗さを考えると、どうしても割に合いません。自作をあきらめて、我が家のテレビにピッタリ合うオーダーメイドに近い商品を探すことに。

ネットでいろいろとテレビカバーを探し回っているうちに、良いテレビカバーの条件がわかってきました。

  • 各メーカーの型番に応じた仕様(採寸不要)

  • 装着感がなく目立たないデザイン

  • 透明度が高く、画質に影響しない

  • 安全な設計(液晶テレビの通気孔をふさがないなど)

テレビの種類ごとにスピーカーや通気孔の位置が異なります。
機能面や安全性を考えると画面のサイズごとでは不十分で、メーカーの型番ごとに作られているテレビカバーがベストです。

意外なほど買ってうれしかった!

そして楽天で見つけたのがこちらのお店

アクリル雑貨をメインに扱いながら、液晶テレビ保護パネルにも力を入れていて、国内生産と国産材料にこだわっているそうです。
「ほぼメーカー純正テレビカバーやん!」と嬉しくなりました。

マルキ家テレビのサイズ、メーカー・型番を選択し、注文。受注生産のため、届くのに一週間ほどかかりました。

届いてすぐに感じたのは梱包の丁寧さ。
外箱のテープはまっすぐしわなく張られていて、中身もアクリル版に傷がつかないように、きれいに養生されていました。

テレビのデザインに影響しないテレビカバー

実際にテレビカバーを見ると、とてもきれいな仕上がりでこの時点ですでに満足。そしてサイズがピッタリ!取り付けも30分程で終わったので、マルキ的には大大大満足でした。

テレビカバーの写り込み度合い
↑取り付けてみたところ。

光沢タイプ(グレア)を選択したので、映り込みは当然あります。
映り込みを防止したい場合は反射防止タイプ(ノングレア)を選ぶこともできます。

厚みは2ミリ厚なので、軽く押してもへこみます。そういった意味では100%安心ではありません。重たいものがぶつかったら液晶が割れる可能性もあります。
もしその点が心配な方は3ミリ、5ミリ厚を選ぶ方がいいかもしれません。

テレビカバーの上部分の透明ゴム
↑テレビと保護パネルをくっつけるクッションゴムも透明仕様になっていて、配慮が行き届いています。

さいごに

テレビカバーの気になる点がよく考えられていて、ここまで満足を感じる買い物はなかなかないなあと、感激しました。

今のところケンが積み木をぶつけるなどの事故は発生していないですが、積み木を持って歩き回るケンを笑って見ていられる安心感はまさにプライスレス。小さな子どもがいる家庭には必須アイテムだと思います。

[2018/7/7追記]
2ミリ厚タイプを5年以上使っていますが、反ることも壊れることもなく、存在を感じないレベルに馴染んでいます。
そろそろテレビも買い替えかなと思っているのですが、次もこの液晶カバーを選びたいと思います。

テレビカバーのお店はこちら

液晶テレビ保護パネル 〜意外な程買ってうれしかった液晶テレビカバー_マルキの育児グッズブログ

関連記事

[レビュー]液晶テレビカバー 〜映り込み具合など、購入後2年目の感想。
[レビュー]液晶テレビカバー 〜購入後3年経過。おかげでテレビは無傷です!

クリックして応援