今日のVOICY – 仮想銀座高級クラブ「かほこ」【第71夜 プライドを捨てる方法】 –

今日のVOICY-–-仮想銀座高級クラブ「かほこ」【第71夜-プライドを捨てる方法】-–_WEEKENDS

こんにちは。マルキです。

最近、VOICYにはまっています。
経沢香保子さん、田端信太郎さん、澤円さん、塩谷舞さんなど、ビジネスやフリーランスで活躍している人たちが考えていることを身近に聞けて、朝晩の通勤時間にピッタリなのです。

特にお気に入りなのが経沢香保子さんの”仮想銀座高級クラブ「かほこ」”です。

昨晩聴いたのは【第71夜 プライドを捨てる方法】。
興味深いテーマだったので、繰り返し聴きました。

「どうしたら無駄なプライドを捨てられるの?」

というリスナーからの質問にかほこママが丁寧にわかりやすく答えています。
聴きながらメモをしたので「心のおしぼり」をシェアします。

気になったらこの回の放送をぜひ聴いてみてください。

仮想銀座高級クラブ「かほこ」【第71夜 プライドを捨てる方法】

リスナーからの質問:
・今まで周りの人にちやほやされて生きてきた
・廻りの人を楽しませる会話ができない
・今までは笑ってるだけでよかったがアラサーになり自分から人生を楽しませる必要性を感じる
・いざやろうとしてもノリよく返すとか面白いことが言えない
・どうしたら無駄なプライドを捨てられますか?

かほこママの回答:
・禁煙セラピー方式で回答します
・禁煙セラピー方式とは、タバコを吸うデメリットを強烈に感じさせて禁煙に導くやり方

プライドのデメリット「プライドは百害あって一利なし」

・プライドが高い人はめんどくさい
→めんどくさいから人が離れる

・なぜめんどくさいのか?
→まわりが気を使わなければいけない
・いちいち機嫌をとらないといけない
・いちいちケンカ腰になる
・意見が食い違ったら自分の考えを主張してくる
・根本の性格は他人と自分を比較する人

・つまり、プライドが高い人に対する周りの人が払うコミュニケーションコストは相当高い(大企業の社長並み!)
・プライド高い人は他人を癒さないので、人がよってこない
・人生100年時代にさみしい老後を送ることになる

プライドの捨て方

かほこママの性格は開けっ広げで失敗して落ち込むけど割と早く受け入れることができる

そんなかほこママが意識しているのは二つ

1.相手を否定しない

・社長をやってていろんな人と接していると、いちいち否定していられない
・その人の全部を認めなくていい
・「こう思うんだ人もいるんだ、私はこう思うけど」それだけでよい。
・否定から入ると受け入れられなくなる

・まず「そういう考えもあるんだ!」から入り、次に「どうしてそうおもうの?」と好奇心を発動する
・自分の考えが2倍に広がると思って得したと思えばいい
・そのために「その人がそう思う理由を聞く」習慣を身につける

2.小さなエゴより大きなエゴ

その時に謝っとけば得するのに、プライド高くてあやまれなかったり本当のことが言えなくて、結果損をしてしまう

頭を下げて相手が納得してくれればそこから話はスタートする
(亀裂を起こしてそのままにしたら今まで作ってきた人間関係がもったいない)

自分の大きな欲があれば小さなプライドは捨ててニコッと笑ったりペコリができる

・質問者さんが深く愛されて大きなちやほやをしてもらうことをエゴにするならば、小さなちやほやを捨てる
・ポイントは質問者さんが大きな目標をもつ
(例えば、結婚したい、愛する人に出会いたい、そのために大きな人間になりたい)
・大きな人間になるには否定じゃなくて受け入れる
・受け入れて話が弾むには相手はなぜそう思うのかを考える
・そのために「なんでそう思うの?」「そうなんですね」と返せばいい

まとめと追記

今回、かほこママは「禁煙セラピー方式」で、最初にプライドを持つことのデメリットを挙げ、その後「じゃあ、どうすれば良いか」を考えています。
この考え方、いろんな場面で使えそうな気がします。

マルキが特に大事だなと思ったのが「相手を否定しない」ということ。
「否定しない」=「その人の一部を受け入れる」というのは大きな気づきでした。
うん、全部受け入れようとするからしんどくなるんだな。。

「こう思うんだ人もいるんだ、私はこう思うけど」でいい。

こう思うだけで、苦手な人でも心軽く接することができそうです。

<追記(6/17)>
今日、ツイッターでこんなツイートを見つけて、さらにハラオチしました。

うん、焼肉最強!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください