軽くて風量も強い!無印の充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2は子供用におすすめ

こんにちは、マルキ(@maruki40)です。

ニトリと無印、どちらを選ぶかで迷っていた、5歳娘ちゃん用ハンディファン。

子ども用のハンディファン、ニトリと無印ならどっちを選ぶ?サイズ、重さ、スペックを比べてみた。

どちらもお店に行って実機を触り、最終的に無印の充電式コンパクトハンディファンに決めました。

今回はコンパクトハンディファンのおすすめポイントを中心に、使ってみた感想をお伝えします。

軽くて小さいので5歳児でもずっと持っていられる【無印良品 充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2】

無印の充電式コンパクトハンディファンの重さは92グラム、大きさは14.8センチ。
5歳児でもずっと持っていられるコンパクトさです。

実際に娘ちゃんに持ってもらうと…

こんな感じ。
外出時には自分で持ってくれるので大助かり。
4〜5歳児の指が入りにくいカバーになっているのも安心ポイントです。

ちなみにこれよりも一回り大きい「充電式モバイルハンディファン MJ-MH1」は、重さ140グラム、大きさ16.2センチ。

5歳児にとって50グラムの差は大きい気がします(スペックの違いなど、詳細はこちらの記事をご覧ください)。

連続使用可能時間充電時間はどれくらい?【無印良品 充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2】

実際に使うにあたって気になるのは連続使用可能時間と充電時間。
無印の充電式コンパクトハンディファンの場合、「強」だと約2時間。

ちなみに風量ごとの連続使用可能時間(満充電時)は、

・強:約2時間
・中:約3.3時間
・弱:約7時間
・リズム風:約12時間


となっています。

わが家の場合、使うのは炎天下に歩くときや室外にいるとき。
「中」「弱」「リズム風」は使わず、「強」一択。
連続で使うとしても30分。

満タンに充電しておけば、1回のお出かけでちょうど使い切るくらいです。

また、充電時間は、

・約3.5時間

となっていて、パソコンなどからUSB充電する形になっています。

一回り大きい「充電式モバイルハンディファン MJ-MH1」の充電時間は約6時間。
その点でもコンパクトハンディファンの方が使い勝手が良さそうです。

風量、音はどれくらい?【無印良品 充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2】

先ほども書きましたが、わが家の場合、外出時に使うので風量は「強」一択。
コンパクトながら風の強さもしっかりあって、大人でも十分涼しさを感じるレベルです。

無印の充電式コンパクトハンディファンの特徴は首の角度を変えられる点。


室内では上の写真のように卓上ファンとして「中」「弱」「リズム風」が使えそうです。

音は当然ですが「ウィーーーーーン」というモーター音がします。
外で使う分にはとくに問題ないですが、室内だと気になります。

「強」は電車内で気にならないレベル。
「弱」は図書館や静かなオフィスでも大丈夫なレベル。

「リズム風」は、音も小さく連続使用可能時間が12時間と長いので、勉強や仕事のお供に良さげです。

操作方法は簡単?ストラップはついている?【無印良品 充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2】

充電式コンパクトハンディファンの操作方法はシンプル。

後ろ側のボタンを押すだけ。子供用にはぴったりです。

1回押すごとに、

電源ON&「リズム風」→「弱」→「中」→「強」→電源OFF

と切り替わります。

無印良品サイトのユーザレビューを見ると、
「カバンの中で勝手にスイッチがONになり、使おうと思ったら電池切れ…」
といったデメリットもちらほら。

上の写真では分かりにくいですが、動作している時にはボタン右下に青色LEDが点灯します。
(USB充電時にはオレンジ色に点灯)

ストラップは付属していませんが、ストラップをつける穴はあります。
990円という値段を考えると、仕方ないかなと。

【無印良品 充電式コンパクトハンディファンMJ-HF2】のおわりに

最初ニトリと無印でどちらにしようかと迷いましたが、子供用という点では価格も品質も安心感もこれ以上ないと思えるので、同じように迷っている方にはぜひおすすめしたいです。

もちろん大人用としても十分満足できるレベル。

ニトリや100均のクオリティが上がり続けて、「無印良品=高め」という感覚が定着しつつあったのですが、久々に「わけあって、安い。」を実感できる商品でした。

あと、いいなあと思ったのが…

箱の絵と製品のサイズを同じになっているところ。
無印らしいこだわりが詰まっている良品です。