【2018】Gmailの未読メールを一気に既読にする方法

Gmailロゴ

こんにちは。マルキです。

プライベートではGmailをメインに使っています。
とりあえず登録してきたメルマガやら、ソーシャルサービス系の通知やら、「読まないのに届くメール」が年々増えている気がします。

Gmailの未読メールを通常の方法で既読にすると…

積もり積もった未読メールは、気づいたら15,000件以上…!
「受信トレイ」の横に表示されている『15,822』が気になって仕方ありません。

そして「15,000件全部既読にしたい欲」が止まらなくなってしまいました。
Gmailの受信トレイ

通常の画面で一番上のチェックボックスにチェックを入れて、表示されているすべてのメールを選択し、『既読にする』を選択すると…
通常の方法でGmailの未読メールを既読にする

50件しか既読になりません…(あたりまえですが)

この方法で15,000件を既読にしようとすると、300回この操作をすることになります。
ザ・人生の無駄遣い。。

ということで、一括で既読にする方法を調べてみました。
Gmailの受信トレイ(未読件数の表示)

Gmailの未読メールを一括で既読にする方法

まず、上の検索窓に『is:unread』と入力。

すると、『このページで100件のスレッドすべてが選択されています。』というメッセージの横に『この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する』というメッセージが表示されます。

そのメッセージをクリックします。
Gmailの検索窓にis-unreadと入力

そして、『既読にする』を選択すると…
Gmailで全てのメッセージ選択後『既読にする』を選択

「一括操作の確認」と表示されたウインドウが表示され、『この操作を行うと、検索されたすべてのスレッドに影響します。続行しますか?』というメッセージが表示されます。

『OK』をクリックします。
Gmailの「一括操作の確認」画面でOKをクリック

すると、『読み込み中…』としばらく表示されたあと、この画面になります。

受信トレイ横の『15,822』は消えています。スッキリ!!
Gmailで一括既読操作完了後の画面

さいごに【Gmailの未読メールを一気に既読にする方法】

操作がわからない時、すぐに調べずに自分であれこれ試そうとするのがマルキの悪い癖。
ほとんどの場合は無駄な時間になり、あとで後悔することになります。

これからは使い方をすぐに調べて、浮いた時間で記事にまとめていきたいと思います。