KEENのシーキャンプとニューポートの違いは?実際に2つのモデルを使ってみた感想【キッズサンダルレビュー】

こんにちは、マルキ(@marukift)です。

息子くんが小さい頃に愛用したキーン(KEEN)のサンダル。
両親が2足もプレゼントしてくれました。

1足目はニューポート エイチツー(NEWPORT H2)。
2足目はシーキャンプ ツー シーエヌエックス(SEACAMP II CNX)。

外観やデザインはかなり似ているけれども、違うモデル。

実際に2つのモデルを使ってみた感想も含めて、違いを比べてみます。

スペックで比べてみる【KEENのシーキャンプとニューポートの違い】


KEENのシーキャンプとニューポートの違いは大きく2つ。

重さが違う


シーキャンプとニューポートの一番の違いは重さです。

KEENの公式サイトには、シーキャンプが117グラム、ニューポートは225グラム、と表記されています。

シーキャンプの説明には
「素足感覚が気持ち良い 軽量で持ち運びも便利なアクティブシューズ」
「軽量で携帯にも便利なハイブリッド・シューズ」
とあります。

普段履きはもちろん、旅行のセカンドシューズや、スポーツシーンを想定して作られているそうです。

対象範囲が違う


シーキャンプはキッズのみのモデル
最大サイズは23.5センチとなっています。

一方、ニューポートはKEENの定番モデル
キッズだけでなく大人用(メンズ、ウィメンズ)もあります。

とはいえ、「つま先を守る水陸両用ハイブリッド・シューズ」というコンセプトは共通。

KEENが差別化したかったのは外観やデザインではなく、「重さ」。
「しっかり安定感のあるニューポート」「軽さにこだわるシーキャンプ」といったところでしょうか。

写真で見比べてみる【KEENのシーキャンプとニューポートの違い】

正面から


左がニューポート、右がシーキャンプ。

ニューポートが履けなくなって、シーキャンプを買ってもらったので、サイズが全然違います。
ニューポートが15cm、シーキャンプが17cmです。

つま先を守る幅広デザインはほぼ共通。
手で持ってみるとたしかにシーキャンプは軽いと感じます。

横から


外側を見ると、微妙にデザインが異なります。
ニューポートに比べると、シーキャンプのソールが薄いのがわかります。


内側はこんな感じ。
デザインは微妙に異なるものの、ソールの厚さ以外に大きな差はありません。

後ろから


後ろ側はほぼ一緒。
ソールの厚さの違いが分かりやすいです。

ソール

ニューポートは川遊びの名残で石が詰まっちゃってます。
ソールのデザインもほぼ共通しています。

ニューポートエイチツー (Newport H2) のレビュー


ニューポートを買ってもらったのは息子くん2歳のとき。
夏場の川遊びで大活躍してくれました。


つま先がしっかりカバーされていることと、ソールもがっちりで足裏も安全。
途中で脱げて流される心配がなく、安心して川遊びに集中できます。

川遊びのあと、洗わないまま街履きで歩かせたら、ほんのり臭い・・・。
使ったあとの水洗いはマストです。


沖縄旅行でも活躍。
デザインも大人のモデルと一緒。こどもっぽさがないので、普段使いやお出かけなどシーンを選びません。

一番迷ったのは色。
KEENのカラーバリエーションが多く、「鮮やかで賑やかなデザイン」と「ダークで落ち着いたデザイン」で悩みました。

「KEENのサンダルの造り自体が派手目」かつ「子ども服もカラフルになりがち」を考えて、「ダークで落ち着いたデザイン」を選択。

実際にシーンや着る服を選ばずに活躍してくれたので、普段使いを考える方には「ダークで落ち着いたデザイン」がおすすめです。

おわりに


おでかけにも外遊びにも使えて、服も選ばない。
寒い日以外は大活躍のKEEN。

息子くんが使い終わったあとは、下の娘ちゃんに引き継がれ、さらに甥っ子ちゃんの元へ。
デザインも機能性にも優れ、ヘビーユースでもへたらず長く使えるのがKEENの魅力です。

関連記事です。

【レビュー】ラッシュガードは普段使いできるタイプがおすすめ(子ども用&大人用)

KEENのサンダルに並ぶ夏のマストアイテム、ラッシュガード。
普段使いできるお気に入りに出会えたおかげで、兄から妹へ、なんと8年目に突入。
気になる方はぜひ読んでみてください。