【秋の神戸布引ハーブ園】子連れで楽しめる神戸地元民おすすめのアウトドアスポット

\ 楽天FashionSALE開催中! /
最大80%OFF!セール会場はこちら

子連れでのびのびと楽しめる場所は?と聞かれたら、神戸布引ハーブ園をおすすめします。

半日あれば十分楽しめる神戸布引ハーブ園
新神戸駅からロープウェイで10分、山上の庭園へ。
景色、花、季節…大人も子どもも、のびのびと楽しめます。

今回は、11月三連休初日の神戸布引ハーブ園の様子をお届けします。

目次

11月三連休初日のロープウェイは40分待ち!

11月3日、三連休の初日。
快晴で11月とは思えない暖かさ。家を出るときから帰るまでずっと半袖。そんな陽気の1日でした。

「いつもより人が多いかな」
くらいに思っていたのですが、甘かった…

ロープウェイ乗り場から伸びるこの行列(上の写真は11:25に撮影)。

「ただいまロープウェイは40分待ちです」と係員さん。
何回も来ていますが、こんな行列ははじめて。
この日はロープウェイの始発(9:30)から行列だったそうです。

三連休初日、暖かい、風もない、快晴。
これだけ好条件が揃えば混むのは当然かも。

並んでいるときに撮影したロープウェイ。

並ばずに乗れるイメージしかなかったハーブ園のロープウェイ。
「早くロープウェイに乗りたい」と思う日が来るとは。。

ロープウェイの利用料金や営業時間は以下のとおりです(23年11月時点)。

料金表(ロープウェイ乗車料+ハーブ園入園料)*1を除く・営業時間

スクロールできます
利用料金往復片道備考
通常営業大人1,800円1,130円
小人900円570円小学生・中学生
未就学児無料
ナイター
営業
大人1,100円17:00以降購入者に販売
往復券のみの販売
小人700円
山麓駅⇒中間駅(片道)*1
中間駅⇒山麓駅(片道)*1
大人小人片道券は、山麓駅と風の丘駅間のみ利用可
片道券では「ハーブ園」には入園不可
930円470円
*1 入園料は含まず
参照:https://www.kobeherb.com/infomation/hours_fare/
スクロールできます
営業時間ロープウェイハーブ園
始発上り終発下り終発開園閉園
春 3/20~7/19
秋 9/1~11/30
平日9:3016:4517:1510:0017:00
土日祝20:1521:0020:30 *1
夏 7/20~8/31全日
冬 12/1~3/19全日16:4517:1517:00
*1 ナイター営業時(17:00以降)は、展望エリアのみ入園が可能
参照:https://www.kobeherb.com/infomation/hours_fare/

神戸布引ハーブ園ロープウェイからの景色

チケットを購入したら、いよいよロープウェイへ。

チケット売り場から赤いゴンドラが見えます。

ちなみにこのロープウェイ、2011年にリニューアルされる前は「夢風船」と呼ばれていました。昔から神戸に住んでいる人は今でも夢風船と呼ぶ人が多い気がします。

6人乗りのゴンドラ。
この日は混雑しているのであいのり。マルキ、妻、娘、ご夫婦、5人で乗り込みます。

ロープウェイに乗ってすぐに見える新神戸駅付近の高層ビル群。
見事な秋晴れです。

進行方向右手、東の方角。
写真中段左側にチラッと見える緑地は王子公園。
その奥にそびえ立つ一際高い建物は阪神御影駅近くのタワーマンションです。

進行方向右手の下に布引の滝。
街からすぐの場所にこんなに見事な滝。神戸の魅力の一つです。

進行方向左手に布引五本松堰堤(えんてい)が見えます。
水道専用としては日本初の重力式粗石コンクリート積ダム。

神戸布引ハーブ園から新神戸駅まで歩く際には、このダムを通ります。

標高253mの風の丘中間駅。ここで降りる人はほとんどいません。
そのままハーブ園山頂駅を目指します。

「風の丘芝生広場」にはハンモック。
「風の丘フラワー園」にはコスモスが満開。

展望エリアの様子【秋の神戸布引ハーブ園】

標高397mのハーブ園山頂駅に到着。

多くの人で賑わっています。
山頂でも気温差は感じず、半袖でも暑いくらい。

振り返るとこんな感じ。

展望プラザのテーブルは無料で使えます。
お昼時なので満席。お弁当を食べる人、ビールを飲む人、みんな楽しげ。

展望プラザからの眺め。
左下に「グラスハウスエリア」の屋根が見えます。

左側中段はポートアイランド。その奥に見えるのが神戸空港。
右側は三宮周辺のビル群です。

展望エリアに咲いていた花たち。
いろんな花が混ざって咲いているのがとてもよい。

「こんな花壇、ベランダにあったらいいな…」と夢想しつつ写真をバシャパシャ。

展望エリアは人が多いので、ガーデンエリア・グラスハウスエリアへ。
このアーチをくぐって坂道を下りていきます。

ガーデンエリア・グラスハウスエリアの様子【秋の神戸布引ハーブ園】

神戸布引ハーブ園はハーブ園山頂駅からひたすら下っていくルートになっています。移動は徒歩ですが下り坂なので楽ちん。ただしひざや腰が弱い方は要注意です。

ガーデンエリアに咲く花たち。
花には興味なかったのに、とても惹かれる…。

娘が幼稚園生の頃に「大きくなったらお花屋さんになる」と花の図鑑を読んでいた影響かも(今は「宇宙飛行士になる」と言ってます)。

40代後半で、ようやく花の魅力に気づきました。

大きなメタセコイアにイルミネーションが施されています。
11/11から「森のクリスマスツリー」としてライトアップされるみたい。

途中、アサギマダラを発見。
日本で生まれたアサギマダラは、秋になると沖縄や台湾まで南下するそう。
長い旅に向けてエネルギー補給をしているのかも。

ここでグラスハウスエリアを通りすぎたことに気づき、引き返します。
坂道がきつい…

グラスハウスエリアも人がいっぱい。
右側建物1階の売店も2階のカフェラウンジも行列ができていました。

グラスハウスも人がいっぱい。
ハーブで暮らしをワンランクアップ、がテーマ。おしゃれな展示や温室も。

グラスハウスエリアからの眺め。
それにしてもいい天気。

風の丘芝生広場と中間駅が見えてきました。

風の丘エリアの様子【秋の神戸布引ハーブ園】

風の丘芝生広場も賑わっています。

14時からセンニチコウの摘み取り体験が開催されていました。
こちらもすでに長い行列。

一人10本まで摘み取ることができます。かわいい!

風の丘フラワー園の花たち。
コスモスが満開でした。

みんな思い思いに満開のコスモスを背景に撮影。
ダンス動画を撮っている人もちらほら。

ソフトクリームやドリンクの売店も行列です。

ラベンダーソフトクリーム、美味しい。

このあと、娘が「広場で遊びたい!」とリクエスト。
芝生広場には無料で使える遊具があります。
娘とドッヂビー(フリスビー)で楽しい時間を過ごしました。

日も傾いてきたので、そろそろ帰ります。

下りのロープウェイも30分以上待ち!【秋の神戸布引ハーブ園】

風の丘中間駅もすごい行列。下りのロープウェイに乗るまでに30分以上並びました。

混んでいるので下りもあいのり。
若いカップルと一緒になって、なんだかきまずかった。。

進行方向左手、東の方角。右側中段に見えるのは六甲アイランド。

進行方向左手にポートタワーが見えます。工事用の囲いがとれて、いつもの姿にもどっていました。

ハーブ園山麓駅の手前。夕日に照らされる新神戸のビル群。

新神戸にもどってきました。
地下鉄に乗って帰ります。

【秋の神戸布引ハーブ園】のおわりに

マルキは京都に6年、大阪に6年住んで、神戸に辿り着きました。
神戸に住んで12年。住めば住むほど神戸の暮らしやすさ、街の魅力を実感します。
この記事を読んでくださった方に神戸の魅力が少しでも伝われば嬉しいかぎりです。

今回、神戸布引ハーブ園の年パスを購入。できるかぎり通って、ハーブ園の四季を楽しみたいと思います。

\ 限定プラン、あります /

\ この記事を読まれた方におすすめです! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次