【神戸釣行記】南芦屋浜でサバ狙いの投げサビキ。痛恨のミス&釣り場変更が裏目でボウズ!

こんにちは、マルキ(@marukif)です。

2017年秋、「息子とずっと一緒に楽しめる趣味を持つ!」と釣りを始めました。
あれから1年半。一向に上達しないまま、下手な釣りを楽しんでいます。

メインの釣り場は南芦屋浜。

運動も兼ねて、30分ほどかけて自転車で通っています。

今年の春は花粉症(PM2.5?黄砂?)がひどく、南芦屋浜まで行く気力が出ず…。
自宅近くの岸壁でサビキ釣りをしたりルアーを投げる練習をしています。

3月と4月で7、8回は行っているのですが、なんと、1匹も釣れていません。

魚を釣りたい…!

という思いがピークに達した先週末、「南芦屋浜でサバ!」というフィッシングマックス情報に煽られ、早朝の南芦屋浜へ行くことにしました。

南芦屋浜で痛恨のミス!

朝5時台というのに、南芦屋浜の東面ベランダは半分以上が埋まっています。
海面を見ると、ポツ、ポツと水紋。一瞬「雨かな?」と思ったのですが、よく見るとベイトが回遊している様子

「うん、サバはいる…!」と根拠のない確信を持ち、投げサビキの準備。

アミエビをカゴに詰め、とりゃー!と一投目。
着水と同時にサバが群がるイメージだったのですが、ウキはゆらゆらと漂ったまま。

その後、タナを変えて4、5回投げてみたものの、アタリはありません。
ちょっと焦って雑に投げた瞬間、ビチッ!!っと嫌な音。

買ったばかりの「大阪湾サビキセット」が大阪湾にぶっ飛んでいってしまいました。
ああ、700円…。

さらにこの日に限って予備の仕掛けを忘れてしまい、開始15分で撤収。
これから釣れだすぞ…!という時の撤収の悲しさといったら!

フィッシングマックスで仕掛けを買い、釣り場を変更

「こーのままではおーわらなーい!(©️四季の釣り)」
と、釣り場を変更することに。

フィッシングマックスに寄るたびに、釣り人が釣具屋に釣られている構図が頭をよぎります。

人が増え出した南芦屋浜には戻る気がせず、自宅近くの岸壁を目指します。

釣り場に到着したのは7時前。
釣れないだろうなー…思いつつ、2本の釣竿で足元をサビキ釣り&投げサビキ。
まったく反応しません。

さらに場所を変えてみて、2時間ほど粘りましたがこちらもまったく反応せず。
12時になって餌が尽き、撤収となりました。

今回の釣行の振り返り

ミスというか、稚拙というか、情けないというか、ダメダメでした。

まず、南芦屋浜で雑に投げてしまったこと。

いつもは、なるべく仕掛けを巻き上げた状態で投げている(つもり)のですが、この時は30センチほど長い状態でぶん投げてしまいました。

もしかしたら他の理由もあるかもですが、気持ちが雑だったのは確か。
仕事でもそうですが、雑に取り組んでいるときの気持ち悪さって、ありますよね。
それを無視して突っ走ったことを反省。

次に、無駄に場所を変えたこと。

7、8回通って結果が出ていない場所に移動したのは、失敗した場所で再びチャレンジすることを「恥ずかしい」と思っていたのもあるな、と。

人が増えていようが、釣りたいのなら釣れている場所に戻るべきだったと、メンタルと判断力の弱さを反省。

ということで、次の週末、再びチャレンジします。

釣りに関する記事はこちら

40代になって釣りにどハマりした理由【釣り初心者が感じている釣りの魅力】 須磨海づり公園デビューでボウズの洗礼…それでも釣りが面白い!_マルキの育児グッズブログ1 須磨海づり公園デビューでボウズの洗礼…それでも釣りは面白い! 小2息子を釣りに誘ったら断られた話と釣り新”間” 小2息子を釣りに誘ったら断られた話と『釣り新”間”11月号』【子どもの親離れ】